鈴木サイトへ

suzuki labとは?

径0.3mm、長さ2.5mmの
円筒形状を実現する微細深絞り成形への挑戦

板材からの丸め加工で成形していた微細な円筒形状を、深絞りの成形技術により開発しました。
さらなる技術開発で注射針や冷却フィンなどへの応用が考えられる技術をご紹介します。

《背景》
従来の丸め加工後の溶接工程を省きたい

微細丸め加工では、一枚の金属板をプレス金型で丸めることにより円筒形状に成形することができます。
弊社ではプローブピン(電子基板のテスト用ソケット部品)として、プレス金型で高速量産しています。
しかし、注射針を目的とするような丸め加工の場合は、接合部を縫い合わせる溶接工程が必要となりコストもかかります。そこで、丸め加工では無く、絞り加工による円筒形状をつくることで、溶接工程を減らせるのではと考えました。

丸め加工図解

プローグピン

《課題》
深絞り加工により微細な円筒形状を作る

丸め加工と違い深絞り加工の場合は、一枚の金属薄平板から円筒形状を作るため、丸め加工の後程に必要な溶接工程が削減できます。

  • 同筒絞り加工イメージ
  • 絞り加工による円筒形状(径0.3mm、長さ2.5mm)
    絞り加工による円筒形状(径0.3mm、長さ2.5mm)

<深絞り加工による注射針製作イメージ>

  • 1. ブランク
    1. ブランク
  • 2. 予備掘り
    2. 予備掘り
  • 3. 先端完成
    3. 先端完成
  • 4. 根元掘り
    4. 根元掘り
  • 1. ブランク
    5. 完成

また、注射針製造の丸め加工と同様に、根元と先端の異径パイプの製作が可能であり将来的にはフランジ抜け防止のために樹脂部品との一体成形を検討しています。これにより注射針を樹脂部品に挿入する組み立てコストも削減することが可能になります。また注射針以外には、円筒形状を並べた冷却フィンへの応用なども考えられています。

注射針イメージ
注射針イメージ

冷却フィンイメージ
冷却フィンイメージ

こんなお悩みの方はご相談ください。

  • 微細な深絞り加工をお考えの方

担当者から

担当者から 微細な絞り加工になるほど割れや破れなどの強度や、面粗度など様々な問題が現れます。
弊社のノウハウを生かし、さらなる微細化への挑戦を進めていきます。

株式会社鈴木はこのようなお悩みを解決します

  • 金型、プレス、インサート成形などの部品量産
  • 自動化機器、省力化機器の企画と検討
  • 中国でのプレス、めっきの検討
  • インドネシアでのプレス、インサート成形の検討
  • 技術開発、工法開発、開発試作
  • スマートフォン関連部品の量産
  • 自動車関連部品の量産
  • 医療関連部品の検討
TEL 026-251-2600 お問い合わせ