鈴木サイトへ

suzuki labとは?

R0.08
接点形状完全R化

コネクタ製品は多機能化にともない小型化だけでなく、接触の信頼性も求められています。
そうした需要のなか、接圧が確保され安定的な接触を実現するための、コンタクト形状完全R化の依頼をいただきました。
鈴木が得意とする微細な金属形状加工により可能になった、接触部完全R化の技術開発をご紹介します。

《背景》
コンタクトの形状を「点接触」にしたい

従来のコネクタ製品の接点Rは、曲げ時に発生する外側への引張応力により引けが生じ、接点にストレートができていました。
このストレートを発生させずに、コンタクト形状を「点接触」にして欲しいというお客様の要望から技術開発が始まりました。

R0.08完全R化による「点接点」のコンタクト形状

《課題》
ストレート無き接点R0.08の微細加工

ストレートのある接触部は使用用途によっては接触が安定せず、コネクタとして信頼性に欠ける場合がありました。
そこで、お客様からはストレートが生じていない、接点R0.08の微細なコンタクト形状を求められました。

接点にストレートが生じていると接点が安定しない
接点にストレートが生じていると接点が安定しない

「点接触」なので接触が安定する
「点接触」なので接触が安定する

《解決策》
金型の設計から考える

コネクタのコンタクト接点R0.08のような「点接触」は今まで取り組んだことのない加工でした。
最初は頭を悩ませましたが、金型製造部と設計から考え、曲げ時に引けが発生しないように金型スペックを改造しました。
一貫生産の強みがあるからこそできる部署間の連携が、ストレート無き接点R0.08の加工を実現しました。
点接触となったコネクタは十分な接圧、安定した接触を確保することが可能になり、また接触時に酸化膜を削ることで、より継続的な安定接触もできるようになりました。

完全R化の状態
完全R化の状態

こんなお悩みの方はご相談ください。

  • コネクタ分野以外でも微細な金属形状で悩んでいる

担当者から

担当者から 弊社は金型の設計から部品加工、量産まで一貫して行っております。
一貫した生産体制だからできる金型製造部と部品製造部の連携が、精度の高い微細な金属形状を可能にしています。
お客様に新しいご要望を頂くことで、技術も日々向上しております。微細な金属形状や加工をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

株式会社鈴木はこのようなお悩みを解決します

  • 金型、プレス、インサート成形などの部品量産
  • 自動化機器、省力化機器の企画と検討
  • 中国でのプレス、めっきの検討
  • インドネシアでのプレス、インサート成形の検討
  • 技術開発、工法開発、開発試作
  • スマートフォン関連部品の量産
  • 自動車関連部品の量産
  • 医療関連部品の検討
TEL 026-251-2600 お問い合わせ