鈴木サイトへ

suzuki labとは?

高品質・低コスト・迅速対応
一貫生産体制の魅力

量産、物流コスト、リードタイム、納期管理、品質管理など、ものづくりの様々な工程を、お客様がそれぞれ管理することは労力がかかるだけでなくトラブルのリスクも高まります。業者や工程をまたぐサプライチェーンから一貫生産に切り替えることで利便性が高まり諸問題の解決ができるものと考えます。生産性や品質の向上などの大きな付加価値をも生む一貫生産体制の魅力をご紹介します。

《課題》
製品づくりの全行程で、お客様の要望に応えたい

製品ができるまでの工程は様々あり、業者間をまたぐ場合には「納期管理」「物流コスト」「リードタイム」が発生します。また部品の移動の間に不良が生じるなどの「品質保証」にも気をつけなければなりません。
よりお客様のご要望に沿った製品作りのためにも、利便性を高く、なおかつ高品質・低コスト・迅速対応が実現できないだろうかと考えました。

《解決策》
鈴木の総合力が叶える、信頼の一貫生産体制

部品製造における一連の工程を鈴木の一貫生産体制で完結することで、利便性が高まり、品質向上を可能にします。鈴木のこれまで培ってきた技術が結集した、一貫生産の流れを4つの加工工程に分けてご紹介します。

(株)鈴木の一貫生産体制
鈴木の一貫生産体制

「1.プレス加工」
プレス工程では自社製の精密プレス金型を用いて、各種精密プレス部品を製造しています。また、付帯設備として自動洗浄機や熱処理炉を有し、特殊なニーズにも一貫して対応できます。

ワンフロアのプレスエリア
ワンフロアのプレスエリア

「2.めっき加工」
めっき加工では前工程であるプレス加工と連動できることで、物流のリードタイムが抑制でき、短納期対応にもお応えできます。

フープ連続めっきライン
フープ連続めっきライン

「3.インサート成形」
インサート成型工程では自社製の成形型と高精度縦型成形機を用いて各種精密部品を製造しています。
前工程のプレス・めっき工程と相互に且つ迅速に情報交換できることで生産性の向上と安定的な品質を確保できます。

フープ連続インサート成形ライン
フープ連続インサート成形ライン

「4.組立」
組立工程では自社製の自動機などを用い、一体成形部品の組立、検査、エンボス梱包及びトレイ梱包まで行います。

  • 組立の様子
    組立の様子
  • エンボス梱包
    エンボス梱包

プレス金型、インサート成形金型、自動組立検査梱包装置を製品仕様に合わせた最適な設計と卓越した技能者による組立製作、そして量産対応により製品図面から完成品までを一貫してお任せいただけます。更には全体最適視点での改善が可能となることでお客様に満足いただける品質、コスト、デリバリを実現しています。 最新の設備と業界最大級の量産キャパシティ、そして鈴木技術の総合力の結集により、あらゆるご用命にお応えしていきます。

<設備>

【プレス工程】

主要設備 精密高速プレス機(3トン・80トン)180台
自動洗浄機(炭化水素系)2機
時効処理用熱処理炉(窒素ガス)2機
月産数量 35億PIN

【めっき工程】

主要設備 フープ用ライン×3ライン、ケーブル用ライン×1ライン
装置形式 処理層・管理層一体型(Niめっき部とAuめっきは別置き管理層)
処理素材 リン青銅・ベリリウム銅・コルソン銅・チタン銅などの銅合金全般
めっき仕様 Ni下地+Au(部分めっき、レーザー加工) Cu/Ni下地+Sn(リフロー)

【インサート成形工程】

主要設備 竪型成形機(20トン・40トン) 35台
主要樹脂 熱可塑性樹脂(LCP、PBT、PPS、PA9T等)
月産数量 1億個

【組立工程】
【組立工程】

こんなお悩みの方はご相談ください。

  • サプライヤ選定に困っている
  • 高品質・低コスト・迅速対応を目指したい
  • 中間管理費を抑制したい

担当者から

担当者から 鈴木の一貫生産体制は、金型製造部門、部品製造部門、生産システム製造部門が総力を結集し、これまでに蓄積したノウハウをもとに高品質で安定的な部品生産工法を確立しています。
既存のサプライチェーンの「Q:品質・C:コスト・D:デリバリ」などのお困り事はぜひとも弊社へお声掛けください。必ずや、弊社の一貫生産対応に魅力を感じて頂けるものと考えます。
あらゆるニーズに鈴木の総合力を持ってお応えいたします。

株式会社鈴木はこのようなお悩みを解決します

  • 金型、プレス、インサート成形などの部品量産
  • 自動化機器、省力化機器の企画と検討
  • 中国でのプレス、めっきの検討
  • インドネシアでのプレス、インサート成形の検討
  • 技術開発、工法開発、開発試作
  • スマートフォン関連部品の量産
  • 自動車関連部品の量産
  • 医療関連部品の検討
TEL 026-251-2600 お問い合わせ