鈴木サイトへ

suzuki labとは?

部品加工から組立まで、1つの金型で完結させる。
「複合プレス加工」が実現するコスト改善

各種精密プレス部品の製造を得意とする鈴木には、卓越したプレス技術力が結集しています。
鈴木の金型技術を応用し、1つの金型で複数部品の加工と組立を可能にする「複合プレス技術」をご紹介します。

《課題》
部品の組み立てを金型で出来ないか

一般的な製品は、プレス加工した部品などを自動機などの組立工程を経由して完成品となります。 そこで、長年培ってきた金型技術の応用で組立工程を賄えるプレス金型は実現可能か、と考えました。

《解決策》
金型技術の粋を結集させた「複合プレス技術」

実績事例として、従来はプレス加工の3部品を組立工程を経由して完成品としていたものを、複合プレス金型1面にて完結できる「複合プレス技術」をご提案いたします。 1つの金型で複数の部品の加工と組立までを可能にしたことで、製造工程の削減、イニシャルコストの圧縮、製造コストの圧縮を実現しました。鈴木の「複合プレス技術」は鈴木の金型技術力の証とも言える革新的で画期的な技術です。今まで諦めていたような複雑な製品形状にもお応えできるものと考えます。

<複合プレス加工による部品>

複合プレス加工による部品

①3部品一体品(プレス材料+プレス材料+プレス品)/医療機器向け

    
  • メイン部品 t=0.1mm 
    サブ部品A t=0.06mm 
    サブ部品B t=0.15mm  材料:SUS系
  • サブ部品Bは別型で形成し、複数種類のチェンジング仕様
  • メイン部品とサブ部品Aの材料を並列に「複合金型」に投入して各々を形成し、直交方向より供給するサブ部品Bを合わせた3部品の複合形成により完成。
  • 複合プレス型サイズ:1,000mm  現在量産中

<その他の複合プレス部品>

その他の複合プレス部品

②2部品一体品(プレス材料+プレス材料)/自動車部品向け

    
  • メイン部品 t=0.20mm 材料:リン青銅系   
    サブ部品 t=0.15mm 材料:SUS系
  • 並列で材料を投入し各々を形成し、サブ部品をメイン部品に挿入、固定させる複合形成により完成。
  • 複合プレス型サイズ:800mm  現在量産中
その他の複合プレス部品

③2部品一体品・レーザー溶接(プレス材料+プレス材料)/自動車部品向け

    
  • メイン部品 t=0.25 材料:リン青銅系  
    サブ部品 t=0.14mm 材料:SUS系
  • 複合プレス技術とレーザー溶接のコラボ
  • 並列で材料を投入し各々を形成し、サブ部品をメイン部品に挿入、固定させる複合形成の後、メイン部品の合わせ目と2部品の結合のためのレーザー溶接を施し完成。
  • 複合プレス型サイズ:1,000mm  量産試作実績あり
  • 2部品の材料選定によりレーザー溶接の難易度が変化

ライン構成

こんなお悩みの方はご相談ください。

・従来の加工方法に疑問を持たれている
・プレス加工の応用を検討している
・複合プレス金型を検討している
・コスト改善を検討している

担当者から

担当者から 「複合プレス技術」は、自社製の精密金型で高精度部品を供給し続けることで研鑽を重ねた鈴木の金型技術の粋を結集させた技術です。複雑化し多機能化する部品設計の救世主として力を発揮できるものと考えております。

革新的なデバイス開発の一助として鈴木とのコラボを是非ともご検討ください。

株式会社鈴木はこのようなお悩みを解決します

  • 金型、プレス、インサート成形などの部品量産
  • 自動化機器、省力化機器の企画と検討
  • 中国でのプレス、めっきの検討
  • インドネシアでのプレス、インサート成形の検討
  • 技術開発、工法開発、開発試作
  • スマートフォン関連部品の量産
  • 自動車関連部品の量産
  • 医療関連部品の検討
TEL 026-251-2600 お問い合わせ