English
ホーム > IR情報 > 経営方針 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

当社は、株主利益を考えた透明性の高い経営を目指し、変化の激しい経営環境に公正かつ迅速な意思決定と業務遂行を行うことが必要であると考えております。また同時に経営の有効性・効率性を高めるためには、1.経営監督機能の強化、2.コンプライアンス(法令遵守)の充実・強化、3.企業倫理の確立、4.リスクマネジメント、5.アカンタビリティ(説明責任の履行)が重要であると認識しております。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

当社は監査等委員会設置会社であります。取締役会における意思決定と業務執行を行いつつ、社外取締役を含めた監査等委員会、内部監査室、会計監査人による連携のとれた体制が構築されており、透明性の高い適正な経営監視体制が確保されていると考えております。<取締役会>当社の取締役会は取締役(監査等委員を除く。)3名、監査等委員3名(うち社外取締役2名)が参加して、「経営戦略の決定」と「取締役の業務執行の監督」をより明確に行うため、毎月定例取締役会を開催するとともに、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速かつ的確で合理的な意思決定を行っております。<監査等委員会>監査等委員会は監査等委員3名(うち社外取締役2名)で構成されており、監査等委員会委員長が中心となって取締役会のほか、重要会議に積極的に出席し取締役の業務執行について厳正な監査を行っております。また、監査法人や内部監査室と情報や意見交換を行ない、それぞれの情報を共有することで監査の実効性確保に努めております。<内部監査室>内部監査室は年間内部監査計画に基づき、業務監査、会計監査および社長特命による調査の実施を行っております。<監査法人、弁護士>監査法人、弁護士に対しては業務執行上、疑義が生じた場合は、適宜助言を仰いでおります。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図
企業情報
トップメッセージ
会社概要
>
沿革
>
株式会社鈴木について
>
経営理念
>
組織図
事業紹介
金型製造
部品製造
生産システム製造
技術開発
品質保証
製品紹介
ニュース
IR情報
IRニュース
経営方針
業績・財務情報
IRカレンダー
IR資料室
株式関連情報
個人投資家の皆様へ
IRメール配信
免責事項
CSR情報
環境への取組み
品質への取組み
社会への取組み
採用情報
新卒採用
What's SUZUKI
SUZUKI Training Program
キャリア採用 募集要項
介護等による再雇用制度
アクセスマップ、時刻表
お問合せ
Suzuki Lab

ページ
トップへ