車載用コネクタ端子の課題や解決法を紹介

車載用コネクタ端子とは?

車載用コネクタ端子は、自動車の各種電装部品をつなぐ専用のコネクタ端子です。
自動車に搭載される部品は3万点以上に上ります。エンジン式自動車の部品はもちろん、動力源がモーターになることで使用される部品の需要も変化し、新たな部品のニーズも高まっています。

本ページでは、近年の車載用コネクタ端子の重要性や課題をまとめました。
また、各課題の解決策についてもご案内しています。


車載用コネクタ端子の重要性

車載用コネクタ端子に求められる信頼性と高品質

近年は自動車のEV化やIoT化の推進により車載用コネクタ端子の重要性が高まるとともに、コネクタの種類や用途は多様化しています。同時に、ワイヤーハーネスやPCB端子などの車載用コネクタの低コストが必須課題です。自動車の安全性や走行性能に関わる重要部品の電子制御化も進み、車載用コネクタ端子にはさらなる信頼性と高品質が必要になっています。

高まる環境負荷物質削減への要求

欧州では環境負荷物質削減への要求が厳しくなり、鉛は環境汚染物質として規制されています。コネクタ端子のハンダ付けに使用される鉛のフリー化への対策も求められています。

しかしながら、ハンダを鉛フリー化すると、融点が高くなることで焼けや流動不良などの不具合発生頻度が高まり、装置や道具の寿命も短くなるなど、様々な弊害が起こってきます。

いま解決すべき車載用コネクタ端子の3つの課題

  1. 製造コストの低減・生産性向上
  2. 環境負荷の低減
  3. 品質の安定化
車載用コネクタ端子のコスト低減・生産性向上
車載用コンテクタ端子の品質安定
車載用コンテクタ端子の環境負荷の低減

車載用コネクタ端子の課題は
プレスフィット端子
で 解決できるかもしれません

プレスフィット端子とは?

  • 基板への搭載は圧入でOK
  • 無はんだ(ハンダレス)で接続
  • 製造工程の簡略化でコスト圧縮
  • ハンダレスで環境負荷軽減
車載用コネクタ端子の課題を解決するプレスフィット端子

プレスフィット工法はコネクタなどのDIP部品のバネ性を持たせた端子(リード)をプリント配線版のスルーホールに圧入することのみで接続します。電気的接続機械的保持の機能を同時に持たせ、はんだ付けを不要とする実装方法です。

無はんだ(ハンダレス)で接続

無はんだ接続なので、はんだ付けに必要な前後の処理工程も無くなります。製造工程が簡略化し、製造コストを低減します。鉛を使わないので環境負荷も少なくできる技術です。

- はんだ接続とプレスフィットの工程比較

はんだ接続とプレフスフィットの接続比較
  • はんだ付け実装コネクタ端子
    • はんだで基盤とコネクタ端子を接着する
  • プレスフィット 実装コネクタ端子
    • ばね弾性力で基盤とコネクタ端子を圧着する

- プレスフィット端子の特徴まとめ


  • 製造工程の圧縮でコスト低減
  • リードタイムの圧縮
  • 熱衝撃が無く、品質安定
  • 熱源不要で省エネルギー
  • 鉛フリーによる環境負荷の低減
  • リサイクルの効率化アップ

車載用コネクタ端子をプレスフィットに転換するメリット

プレスフィットの技術を使って、はんだレスで製造する車載用コネクタ端子には様々なメリットがあります。

- ① 製造工程の簡素化で製造コストを低減。生産性向上


これまでリフローはんだを行うためには前後の処理工程含め様々な工程や設備、熱源が必要でした。プレスフィット端子は圧入による接続なので、はんだ付けに必要な工程が不要になります。

  • はんだ接続での端子:8工程
  • プレスフィット端子:4工程

製造工程を圧縮し、リードタイムも圧縮できます。
結果、製造コストを低減し。生産性向上を実現します。

はんだ接続とプレスフィットの工程比較

はんだ接続とプレスフィットの工程比較

- ② はんだ付けの熱ストレス無し。コネクタ端子の品質安定を実現


プレスフィット端子は熱源が不要なので、はんだ接続による熱疲労や熱衝撃がありません。
はんだ熱による不良が発生しないので、品質が安定します。
また、はんだ付けに必要な熱源が不要となり、省エネも実現します。

リフローはんだによる「はんだ不良」の例

 はんだ過多/はんだ不足/はんだ漏れ/位置ずれ/断線・ショート/はんだボール、はんだのボイド・クラック

 

- ③ はんだレスによる鉛フリー化で環境負荷低減


欧州をはじめ先進国各国が環境負荷低減を目的に有害物質の使用に規制が敷かれています。
SDGsや環境配慮の観点からも今後必ず対応しなければいけない問題です。

プレスフィット接続ははんだレスで鉛フリーです。
環境負荷を低減し、リサイクル効率化も向上させます。

プレスフィット端子で代替可能な車載用コネクタの例

ワイヤーハーネスやPCB端子をはじめ、自動車に使われる様々な電装部品はプレスフィット端子に置き換えが可能です。コスト低減や品質安定、環境負荷軽減の課題をお持ちの方は、ぜひプレスフィット端子をご検討ください。

  • ECU(Electronic Control Unit)
  • ETC(Electronic Toll Collection System)
  • ABS(Anti-lock Braking System)
  • ESC (Electronic Stability Control)
  • IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)モジュール
  • ミリ波レーダー(milliwave rader)
  • ハイブリット用駆動系
  • 空気圧モニター
  • ナビゲーション
  • 車載用カメラ
  • 各種センサー
  • コイル製品
  • ワイヤーハーネス
  • ヘッドランプ
  • ドアミラー
  • エアバッグセンサー
  • 車載オーディオ
  • 衝突・警告センサー
  • 電気モーター
  • 電動ルーフ
  • 電動ドア、電動トランク
  • パサーウインドウ
  • パワーシート
車載プレスフィット端子についてよくある質問

- コネクタの挿入力について

スルーホール径が大きくなるとともに、挿入力は低下していきます。メッキ処理により挿入力も影響を受けます。

- コネクタの接触抵抗について

スルーホール径が大きくなることでの接触抵抗に大きな変化はありません。メッキ処理による影響も少ないです。

- コネクタの保持力について

挿入力と異なり、スルーホール径の増減による影響は少ないが、メッキ処理の影響があります。保持力は端子とスルーホールの摩擦力の関係性が大きい。

- コネクタの耐久性・信頼性について

車載用コネクタにプレスフィットが用いられているように、一般的に耐久性・信頼性について評価を得ています。

プレスフィットのダウンロード資料

資料内容

  • プレスフィット端子の形状や測定方法
  • プレスフィット端子の打ち込み力と保持力の波形データ
  • 熱衝撃試験・高温放置試験の評価データ

ダウンロードページへ

プレスフィットのダウンロード資料

こんなお悩みをお持ちの企業様はぜひご相談ください

✔︎ 車載用コネクタ端子のサプライヤ選定に困っている

✔︎ 車載用コネクタ端子の高品質・低コスト・迅速対応を目指したい

✔︎ 車載用コネクタ用端子の中間管理費を抑制したい

✔︎ 車載用コネクタ端子の一貫生産を検討してみたい

✔︎ プレス加工での車載用コネクタ端子一貫生産が初めてなので説明を聞きたい

お問い合わせ・ご相談

コネクタ用端子・電子部品製造技術のダウンロード資料

鈴木のプレス加工技術や部品加工資料をダウンロードしてご活用いただけます。
資料をご覧になりコネクタ用端子・電子部品の製造や技術についてご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

プレスフィット端子のメリットと鈴木の強み|コネクタの一貫生産

プレスフィット端子のメリットと鈴木の強み

ダウンロードページへ

プレスでできる微細加工例|コネクタの一貫生産

プレスでできる微細加工例

ダウンロードページへ

車載プレスフィット初期評価データ|コネクタの一貫生産

車載プレスフィット初期評価データ

ダウンロードページへ

鈴木の会社紹介・特長|コネクタの一貫生産

鈴木の会社紹介・特長

ダウンロードページへ

コネクタ用端子・電子部品の開発部門に強い味方
鈴木の試作用母型

コネクタ用端子や電子部品の量産型起工の前に試作金型で、製品の基本機能を確認することは製品開発において重要なイベントです。「価格が」「納期が」という問題で試作を諦めていませんか?

鈴木では試作用母型ベースを準備供給し、共有化することで、コンタクト用端子・電子部品の試作品供給までのコストと時間を削減します。ぜひご活用ください。

TS型|コネクタ用端子・電子部品の試作用母型

試作用母型ページへ

プレス型
TS型 (トライアル システム ダイ)

抜き製品、狭ピッチ曲げ製品に対応可

  • 1個取型保証数量(ライフ)
  • 1000Kpcs
  • 抜き製品、狭ピッチ曲げ製品に対応可
TS-W型|コネクタ用端子・電子部品の試作用母型

試作用母型ページへ

プレス型
TS-W型 (トライアル システム ダイ - ワイド)

複雑な曲げ製品やサイズの大きな製品の試作に最適

  • 1~2個取型保証数量(ライフ)
  • 1,000Kpcs
  • カム曲げなど複雑な構造も対応可能
TS-L型 |コネクタ用端子・電子部品の試作用母型

試作用母型ページへ

プレス型
TS-L型 (トライアル システム ダイ - ラージ)

材料が厚い、またはサイズの大きなコネクタ製品の試作に最適

  • 材幅:100mmまで拡大
  • 材厚:1mmまで適応
  • 曲げ高さ :20mmまで拡大
DS型 |コネクタ用端子・電子部品の試作用母型

試作用母型ページへ

プレス型
DS型 (ダウンサイズ システム ダイ)

 薄板抜きのコネクタ製品に最適な金型システム

  • 2連x1個取型
  • 抜き製品
  • 50,000Kpcs/月金型
  • サイズ:200x200
  • 3tonプレス機専用型
TS-M型 |コネクタ用端子・電子部品の試作用母型

試作用母型ページへ

モールド型
TS-M型 (トライアル システム ダイ-モールド)

 量産品質の試作インサート成形品をリーズナブル&タイムリーに試せます

  • 1個取型
  • 保証数量(ライフ)10Kpcs
  • 搬送機構付き

あらゆるニーズに鈴木の総合力を持ってお応えいたします

鈴木の一貫生産体制は各部門が総力を結集し、これまでに蓄積したノウハウをもとに高品質で安定的なコネクタ用端子や電子部品の生産工法を確立しています。

コネクタ用端子や電子部分の製造について、既存のサプライチェーンのQCDでお困りの企業様はぜひともお声掛けください。弊社の一貫生産対応に魅力を感じていたける自信がありもます。

コネクタ用端子や電子部品生産のあらゆるニーズに鈴木の総合力を持ってお応えいたします。お気軽にご相談ください。

鈴木の総合力|コネクタ・電子部品の一貫生産

お問い合わせ・ご相談

車載部品、端子、コネクターのコスト・品質・生産性改善なら
はんだレスの「プレスフィット」がおすすめです!

プレスフィット工法とは

コネクタなどのDIP部品のバネ性を持たせた端子をプリント配線版のスルーホールへの圧入で接続し、電気的接続と機械的保持の機能を同時に持たせ、はんだ付け不要な実装方法です。

車載部品、端子、コネクターのコスト・品質・生産性改善なら、はんだレスの「プレスフィット」

プレスフィットのメリット

端子、コネクタなどの車載部品をプレス加工へ切り替える最大のメリットは大量生産と工程圧縮によるコスト改善です。
また、はんだレスであるプレスフィット工程は、環境負荷や安定した品質改善も可能にします。

ハンダ接続とプレスフィット の工程比較|コネクタの一貫生産

精密金型の技術と業界最大規模のプレス台数

鈴木は精密金型の技術と業界最大規模のプレス台数で、高品質なコネクタをはじめ各種電子部品を製造してきました。

お気軽にご相談ください

製造工程の簡素化、組立工程の自動化、異素材の一体成形などプレス化による部品加工の課題をヒアリングし、私たちが一緒に解決します。

部品のコスト・品質、生産性にお悩みのあるご担当者の方は、お気軽にご相談ください。

スルーホールφ0.3mmに挿入可能なプレスフィット端子|コネクタの一貫生産

「自動車部品のプレス加工ガイド」を見る

プレスフィット端子に転用可能な車載用制御系回路基盤例

ECU(Electronic Control Unit) ハイブリット用駆動系
ETC(Electronic Toll Collection System) 空気圧モニター
ABS(Anti-lock Braking System) ナビゲーション
ESC (Electronic Stability Control) 車載用カメラ
IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)モジュール 各種センサー
ミリ波レーダー(milliwave rader) コイル製品

 

            

「自動車部品のプレス加工ガイド」を見る