English
ホーム > CSR情報 > 紛争鉱物への取組み > 紛争鉱物対応方針

紛争鉱物への取り組み

コンゴ民主共和国(DRC)及びその近隣周辺の紛争地域で産出される鉱物(スズ・タンタル・タングステン・金)の一部は、 その採掘において深刻な人権侵害や環境破壊などをもたらし、あるいは武装勢力の資金源となり、「紛争鉱物」として 国際的な問題となり、責任ある鉱物調達への関心が高まっています。当社が属する電子部品業界は、多くの鉱物からの 原材料を使用しております。当社は、サプライチェーンの一員として、ステークホルダーの皆様と連携しながら、以下の方針でこの問題に対し継続的に取り組みます。

    <紛争鉱物対応方針>

  1. 「OECD 紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」の趣旨に賛同し、鈴木行動憲章に基づき紛争鉱物問題に取り組む。
  2. 製品に使用する鉱物の来歴の確認を行うとともに、よりリスクの少ない原材料の選定に努め、責任ある調達に取り組む。
  3. 業界団体との連携を密にし、業界標準に基づいた合理的かつ効率的な調査を、誠意を持って行う。
  4. サプライチェーンを通じて入手した鉱物に関する情報は、可能な限り早くお取引先様と情報共有する。
企業情報
トップメッセージ
会社概要
>
沿革
>
株式会社鈴木について
>
経営理念
>
組織図
事業紹介
金型製造
部品製造
生産システム製造
技術開発
品質保証
製品紹介
ニュース
IR情報
IRニュース
経営方針
業績・財務情報
IRカレンダー
IR資料室
株式関連情報
個人投資家の皆様へ
IRメール配信
免責事項
CSR情報
環境への取組み
品質への取組み
社会への取組み
紛争鉱物への取組み
採用情報
新卒採用
What's SUZUKI
SUZUKI Training Program
キャリア採用 募集要項
介護等による再雇用制度
アクセスマップ、時刻表
お問合せ
Suzuki Lab

ページ
トップへ