沿革

1933年
東京都蒲田に於いて鈴木製作所創業。鉱石ラジオの部品用金型を主体に製作を開始。
1945年
長野県飯山市に戦争疎開。合資会社鈴木製作所に組織変更。
1950年
長野県須坂市に移転。
1952年
鈴木和夫社長逝去。鈴木武、社長に就任。
1957年
コネクタコンタクトの順送型に着手。
1960年
長野県須坂市旭ケ丘工業団地に本社工場を新築移転。
1968年
旭ヶ丘工業団地にプレス加工工場の建設を行い、プレス加工専門工場として加工を開始。
1969年
台湾に合弁会社金利精密工業股份有限公司を設立
1970年
株式会社スズキ精機を設立。金型用パンチの専用研削機、各種自動連続圧着機の製造を開始。
1974年
株式会社スズキ精機と合併し、株式会社鈴木に組織変更。
1980年
金型用パンチの専用研削機として円筒研削盤PMG-3 の販売を開始。
1984年
電子部品の装着装置であるSMT-85 が完成し販売を開始。
1985年
新分野への進出として精密モールド金型の製造販売を開始。
1991年
鈴木武社長逝去。鈴木教義、社長就任。
1992年
金型製作及び自動機器の組立工場として長野県須坂市に第1 期本社新工場が完成。
1996年
部品部門がISO9001 の認証を取得。
1997年
金型製作及びプレス加工工場として長野県須坂市に第2期本社新工場が完成。
2001年
株式店頭登録。(JASDAQ 市場に上場)
ISO14001 の認証を取得。
2002年
香港に鈴木金利佳有限公司を設立。(2010年解散)
2006年
長野県須坂市日滝原産業団地に日滝原工場が完成。
2007年
合弁子会社「S&S コンポーネンツ株式会社」を設立し、自動車電装部品コネクタ事業を譲渡。
香港に合弁子会社「鈴木東新電子(香港) 有限公司」、
中国に合弁子会社「鈴木東新電子(中山) 有限公司」を設立。
2008年
医療器具組立を開始。
2012年
東京証券取引所市場第二部に市場変更。
2013年
インドネシアに合弁子会社「PT.SUGINDO INTERNATIONAL」を設立。
2014年
東京証券取引所市場第一部に市場変更。
2016年
インドネシアの「PT.GLOBAL TEKNINDO BERKATAMA」を子会社化。
2018年
住友電装との合弁会社「S&S アドバンストテクノロジーズ株式会社」を設立。
生産システム工場に医療器具組立の新棟が完成。
2019年
日滝原工場に日滝原第二工場が完成。
2020年
子会社「エスメディカル株式会社」を設立し、医療器具組立事業を譲渡。