SUZUKIの歩み

SUZUKIは1933年、精密部品用プレス金型の製造を基幹事業として創業しました。
「ゼロへの挑戦」と形容される徹底的な精度追求を軸とし、卓越した金型技術をベースに常に新風を取り入れ、あらゆる分野で最先端の技術を提供してまいりました。

1933

東京都蒲田に於いて鈴木製作所創業。鉱石ラジオの部品用金型を主体に製作を開始

1945

長野県飯山市に戦争疎開。合資会社鈴木製作所に組織変更

1950

長野県須坂市に移転

1957

コネクタコンタクトの順送型に着手

1960

長野県須坂市旭ケ丘工業団地に本社工場を新築移転

1968

旭ヶ丘工業団地にプレス加工工場の建設を行い、プレス加工専門工場として加工を開始

1970

株式会社スズキ精機を設立。金型用パンチの専用研削機、各種自動連続圧着機の製造を開始

1974

株式会社スズキ精機と合併し、株式会社鈴木に組織変更

1980

金型用パンチの専用研削機として円筒研削盤PMG-3の販売を開始

1982

全自動圧着機の製造販売を開始

1983

当社として最初のリードフレーム加工用の金型としてDIPタイプ16ピンの金型を製作

1984

電子部品の装着装置であるSMT-85が完成し販売を開始

1985

リードフレームの後加工用機械ディプレスカットマシンの製造販売を開始
新分野への進出として精密モールド金型の製造販売を開始

1991

電子基板の指定位置に接着剤を塗布する高速接着剤塗布機SS-ADの製造販売を開始

1992

金型製作及び自動機器の組立工場として長野県須坂市に第1期本社新工場が完成

1997

金型製作及びプレス加工工場として長野県須坂市に第2期本社新工場が完成

2002

本社地区がISO14001の認証を取得。(全社取得完了)

2006

長野県須坂市日滝原産業団地に日滝原工場が完成

2007

合弁子会社「S&S コンポーネンツ株式会社」を設立し、自動車電装部品コネクタ事業を譲渡

2013

インドネシア合弁会社「PT.SUGINDO INTERNATIONAL」を設立

2014

東京証券取引所市場第一部に上場

2016

インドネシアの「PT.GLOBAL TEKNINDO BERKATAMA」を子会社化

2018

合弁子会社「S&Sアドバンストテクノロジーズ株式会社」を設立

2019

日滝原工場に日滝原第二工場が完成

2020

子会社「エスメディカル株式会社」を設立し、医療器具組立事業を譲渡