環境基本方針、取り組み

環境基本方針

当社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、当社の企業活動と環境及び生物多様性保全との共存の実現に向け環境活動を推進する。

  1. 当社製品の開発・生産・販売・サービス活動が環境に与える影響を調査・評価し、環境目標、改善計画書を策定し実施することにより、継続的な改善と汚染の予防に努める。
  2. 環境関連の法規制・条例・製品含有化学物質に関する法規制、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、技術的、経済的に可能な範囲において環境保全活動に努める。
  3. 当社の事業活動として、以下の活動を重点取組活動として推進する。
    • (1) 業務の効率化、無駄の削減、資源の有効利用による省エネルギーの推進
    • (2) 産業廃棄物の削減、分別によるリデュース、リユース、リサイクルの推進
    • (3) 環境保全に配慮した製品及びサービスの提供
  4. 環境方針の理解と環境保全への意識向上のため、全従業員に環境教育を実施する。
  5. 環境方針は、当社のために働く全ての人に周知するとともに、社外の一般の人々が入手可能なようにする。

SUZUKIの環境への取組みをご紹介いたします

SUZUKIは環境配慮の観点から、省エネ対策を図り、クリーンエネルギーを積極利用しています。
日滝原工場は平成17年度長野県「環境配慮型企業応援投資助成金事業」として認定を受けました。

オール電化工場
オール電化工場

①自然エネルギーの活用

風力&太陽光発電機を設置し、外灯の電力に使用しています。

自然エネルギーの活用

節電型照明器具の採用

館内の廊下やトイレの照明器具は省エネルギーに配慮し、使用していない時には自然に消える人感センサー付き器具を設置しています。

節電型照明器具の採用

②雨水の再利用

屋根面積の1/4、約4,000㎡の範囲の雨水を集めて、地下の雨水貯水槽に貯水し、トイレの洗浄水や外構樹木への散水用に利用しています。雨水を利用することで年間水道使用量の約6割を節約することができます。

雨水の再利用

③生産余剰水の再利用

構内の西側スロープ部分には、熱処理エリアで発生する蒸気のドレン排水を埋設配管し、融雪に役立てています。

生産余剰水の再利用